新日本文芸協会 Ω(オメガ)出版ご案内

セイショウ米

セイショウ米の田んぼです。

神谷成章先生の直接指導を受けて、カーボン資材でお米を作っている
米農家チームがあります。セイショウ米は、本に紹介されているように、愛知県の小澤医院では
入院患者さんに特別提供されているお米です。このお米は、今まで成章先生の講演会で、おにぎりなど 試食として
しか、食べることができませんでした。私も講演会の度にお願いして、送って頂いていました。このセイショウ米ですが、今回 秋の新米を、オメガから、
皆様にお送りできるようになりました。9月末には、お送りできるように、地元と準備をすすめている
ところです。オメガにご注文の方は、9月末には、セイショウ米をおとどけできます。
楽しみにお待ちください。

オメガショップ(http://snb-omega.com/白米はこちら

玄米はこちら

 

愛知の田んぼでは、セイショウ米が、のびのび すくすく 育っています。
そろそろ 刈りいれ時になりました。

成章先生のご指導により、カーボン資材を使って、長い間 大切にセイショウ米を
つくってこられた地元のコメ農家チームの方たちです。

皆さん ご一家 仲良く、健康で生き生きしています。

こんな 幸せエネルギー満載の、おいしいセイショウ米を、食べたら
ますます元気にパワフルになりそうです。

健康のすぐれないかた、病気の方 そして、もっと元気になりたい方
どうぞ お試しください。

愛知県 セイショウ米の米チームのお一人
鈴木さんの田んぼに取材にいきました。
黄金色のセイショウ米の稲穂です。
鈴木さんとかかし
かかしは、地元の小学生か作って鈴木さんにプレゼントしてくれました。
地元の少学校の田んぼ体験学習をここで、毎年行っています。
子供たちは、田んぼの中で、ドロンコになって、遊ぶそうです。
ユーモラスなかかしといると、楽しくなります。
ハッピを着て、お祭り気分の陽気なかかしと、私もお話してみました。
眼鏡をかけた、研究者のような かかし
温度調整をしてある 米の貯蔵庫です。
新米は、ここに大切に保存されています。
皆様には この貯蔵庫から直接発送をしています。
一番おいしい状態で食べていただくために・・・・